045-822-2525 駐車場20台

〒233-0006
神奈川県横浜市港南区芹が谷5-55-10
イルカメディカルBLDG 2F

関節リウマチ

葉関節リウマチについて葉

「手がこわばって、動かない」 「関節が腫れて、痛いし、だるい」 。こんな症状でお困りではありませんか?もしかしたらそれは「関節リウマチ」が原因かもしれません。現在日本には、70万人以上の患者様が関節リウマチで苦しんでいると言われています。 ひと昔前までは、「なかなか打つ手がない」とか 「一生、痛みと付き合っていかなければ」という印象もありましたが、現在関節リウマチに対する治療は大きく進歩しています。 新しい薬も多数開発され、「寛解※」を目指し、さらに「寛解」を維持させる時代になっています。 リウマチは、早めの診断、早めに治療することが大切です。 関節の腫れ、痛み、こわばりでお困りの方は、まずはご相談ください。

※寛解(かんかい)=リウマチ症状・兆候が消失した状態。

関節リウマチの病態

関節リウマチは間接が腫れ、放っておくと関節が変更してしまう病気です

関節リウマチとは、関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されてしまい、関節の機能が損なわれ、放っておくと関節が変形してしまう病気です。関節は腫れ、激しい痛みを伴います。他の関節の病気と異なる点は、関節を動かさなくても痛みが生じるところです。手首や手足の関節で起こりやすく、左右の関節で同時に症状が生じやすいことも特徴です。また、関節リウマチの症状は関節だけでなく、発熱、疲れやすい、食欲がないなどの全身症状が生じ、関節の炎症が肺や血管など全身に広がることもあります。

30〜50歳代の女性に多く発症

関節リウマチが発症するピーク年齢は30〜50歳代で、男性よりも女性の方が約4倍も多く発症します。しかし、最近では60歳以降に発症する、高齢発症リウマチの方も少なくありません。 ほかにも、以下のような全身症状が関節リウマチの症状であることもあります。

  • 微熱
  • 疲労感
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 体重減少

早期に発見、早期治療が大切

関節リウマチは、関節が破壊され、変形して動かなくなってしまう病気です。最近の研究では、関節破壊は、関節リウマチの発症後、早期から進行することが明らかになりました。しかし、早期に発見して、早期から適切な治療を行えば、症状をコントロールし、関節破壊が進行するのを防ぐことができます。

関節リウマチの診断に必要な項目 1つ以上の関節の腫れがある→・腫れまたは痛みのある数・血液検査値異常の有無(リウマレイド因子、抗CCP抗体)・関節炎の持続時間(6週刊未満/6週刊以上)・炎症反応の有無(PRP、ESR)

関節リウマチの診断に 必要な項目

1つ以上の関節の腫れがある(触診、超音波、MRI検査のいずれか) 

  • 腫れまたは痛みのある関節の数(診察) 
  • 血液検査値異常の有無  (リウマトイド因子、抗CCP抗体) 
  • 関節炎の持続期間  (6週間未満/6週間以上) 
  • 炎症反応の有無(CRP、ESR) 

関節リウマチの症状は、他のリウマチ性疾患の症状とよく似ているため、関節リウマチかどうかを患者様がご自身で判断することは簡単ではありません。関節リウマチの診断は、問診、診察、血液検査などに基づいて専門医が行うことになります。最近海外では、関節リウマチを早期に診断するために、関節が1カ所でも腫れていて、画像診断で骨びらん(炎症による骨病変)が確認できれば、関節リウマチと診断する基準が発表されました。関節の腫れが続く場合には、一度専門医を受診されることをお勧めします。

関節リウマチの進行度は間接破壊と機能障害の程度から分類

初期症状は関節の 腫れと痛み

関節リウマチの初期の症状は、関節の炎症に伴うこわばり、腫れと痛み、発熱などです。関節リウマチが進行すると関節の軟骨や骨が破壊され、関節の脱臼や変形などが生じるようになります。関節破壊が進むと、日常生活や家事、仕事に支障が生じるようになり、介助が必要になるなど、機能障害が進行します。

関節リウマチの進行度は 関節破壊と機能障害の程度から分類

一般に医師は、関節リウマチの進行度を関節破壊と機能障害の程度から判定します。関節破壊の進行の程度は4段階のステージに分類されます。ステージⅠ(早期)はX線検査で骨・軟骨の破壊がない状態、ステージⅡ(中期)は軟骨が薄くなり、関節の隙間が狭くなっているが骨の破壊はない状態、ステージⅢ(進行期)は骨・軟骨に破壊が生じた状態、ステージⅣ(末期)は関節が破壊され、動かなくなってしまった状態です。
また、関節破壊の進行に伴う日常生活の障害(機能障害の進行度)は、4段階のクラスに分類されます。クラスⅠ(ほぼ正常)は健康な方とほぼ同様に不自由なく生活や仕事ができる状態、クラスⅡ(軽度障害)は多少の障害はあるが普通の生活ができる状態、クラスⅢ(制限)は身の回りのことは何とかできるが、外出時などには介助が必要な状態、クラスⅣ(不能)はほとんど寝たきりあるいは車椅子生活で、身の回りのことが自分ではほとんどできない状態です。

関節破壊は 発症後早期に進行する

かつて関節リウマチはゆっくりと進行し、発症から10年以上が経過してから関節破壊が生じると考えられていました。しかし最近では、関節破壊の進行は発症後早期から急速に起こることが分かってきました。関節の腫れや痛みがひどくなくても、関節の内部では炎症が続き、関節破壊が進行していることもあります。関節リウマチでは発症から短期間のうちに関節破壊が急速に進行するため、早期に発見して、早期に治療する必要があります。適切な治療を行うことで関節破壊を防ぎ、関節の機能を維持して、日常生活や家事、仕事への影響を少なくすることができます。

関節リウマチの治療の目標

関節リウマチ治療の目的は、寛解を目指すことです。寛解とは、リウマチの症状・兆候が消失した状態です。そのためには、関節の痛みや腫れをとること、骨・関節破壊の進行を抑えること、生活機能(QOL)を改善することの3つが重要です。最近では治療法が大きく進歩し、早期から適切な治療を行うことで、寛解を達成することに加え、寛解を維持することができるようになってきています。

関節リウマチの治療法

関節リウマチの治療法として、症状や進み具合に合わせて、薬物療法、手術療法、リハビリテーションなどが行われます。薬物療法の目的は関節の腫れや痛みを抑え、関節破壊の進行を抑制することです。手術療法には、増殖した関節の滑膜を取り除く滑膜切除術、破壊された関節を人工関節に置き換える機能再建術などがあります。リハビリテーションには、関節の動く範囲を広げ、血液の流れをよくして痛みや筋肉のこわばりをとるための運動療法、患部を温めて痛みやこわばりを和らげる温熱療法などがあります。

関節リウマチの薬と治療法

消炎鎮痛薬(NSAIDs)

消炎鎮痛薬は、関節の腫れや痛みを和らげる働きがあります。非ステロイド性の消炎鎮痛薬は、英語綴りの頭文字からNSAIDsと呼ばれることもあります。速効性がありますが、関節リウマチの炎症を根底から取り除くことはできません。関節リウマチの患者さんでは関節の腫れや痛みが長時間続くため、消炎鎮痛薬を継続的に服用することがあります。その場合、副作用である胃潰瘍や十二指腸潰瘍に十分に注意する必要があります。 主に使われている薬としてロキソニンやセレコックスなどがあります。

抗リウマチ薬(DMARDs)

抗リウマチ薬(DMARDs)は、関節リウマチの原因である免疫の異常に作用して、病気の進行を抑える働きがあります。現在の関節リウマチ治療の第一選択薬は抗リウマチ薬です。しかし、一般に効果が出るまでに1ヶ月から半年くらいはかかるため、消炎鎮痛薬を併用することもあります。効果が不十分な場合には複数の抗リウマチ薬を併用したり、他の抗リウマチ薬に切り替えたりすることがあります。 抗リウマチ薬には、メソトレキセート(MTX)、アザルフィジン、リマチル、プログラフなどがあります。中でもMTXは国際的な標準薬として使われており、関節リウマチと診断されたら、早期から十分量使用することが推奨されています。

ステロイド

炎症を抑える作用が強力で、関節の腫れや痛みを和らげる働きがあります。消炎鎮痛薬や抗リウマチ薬を用いても、炎症が十分に抑制できない場合に用いられます。しかし、ステロイドを中止すると治まっていた関節の腫れや痛みが再発するため、一度使用し始めるとなかなか中止できません。ただし、抗リウマチ薬や生物学的製剤の効果が十分にみられたときは、ステロイドを中止することができます。ステロイドは長期間使用すると、感染症、糖尿病や骨粗鬆症などを引き起こす恐れがあるため、連用する場合には十分な注意が必要です。 主に使われている薬としてプレドニン、プレドニゾロン、デカドロンなどがあります。

生物学的製剤

最近になって関節リウマチの治療に用いられるようになった新しい治療薬です。炎症を引き起こすサイトカインであるIL-6やTNFαの働きを妨げ、関節破壊が進行するのを抑えます。生物学的製剤は、抗リウマチ薬に対して効果が不十分な場合に使用します。この薬は注射(点滴または皮下注射)で投与しますが、その間隔は1週間に2回から2ヶ月に1回までとさまざまです。通院回数やライフスタイルに合わせて治療薬を選択することができます。

日常生活で気をつけたいポイント

関節リウマチを発症すると病気や薬の影響で、ちょっとしたことが体への負担につながったり、感染症を招くことがあります。ここでは日常生活で気をつけたいポイントをご紹介します。

  • 外出時はマスクを着用しましょう
  • 帰宅時は手洗いを忘れずに
  • 冬は加湿器などで乾燥対策をしっかりしましょう
  • 汗をかいた後は清潔にしましょう
  • 傷ができたら化膿しないように清潔を保ちましょう
  • インフルエンザワクチンの予防接種を受けましょう(ご高齢の方は肺炎球菌ワクチンも)

当院では日本整形外科学会認定リウマチ医が関節リウマチの診断、および専門的な治療を行います。関節痛などでお困りの方はお気軽にご相談ください。

波
診療科目
整形外科  リハビリテーション科
リウマチ科
住所
〒233-0006
神奈川県横浜市港南区芹が谷5-55-10
イルカメディカルBLDG 2F
TEL
045-822-2525
駐車場
駐車場20台
診療時間 日祝
9:00~12:30
15:00~18:30

午前新患受付…8:45~12:00
午後新患受付…14:45~18:00
休診日…木曜午後、土曜午後、日曜祝日休診、年末年始(12/30~1/3)

アクセス

お車でお越しの方

  • 東戸塚駅より環状2号線・国道1号線経由で約6分
    (朝・夕の渋滞時間帯は約15分)
  • 上大岡駅より約10分
    (朝・夕の渋滞時間帯は約20分)
  • 上永谷駅より約10分
  • 横浜横須賀道路 別所インター出口を右折し、
    約4分(朝・夕の渋滞時間帯は約8分)

バスでお越しの方

  • 神奈川中央交通「芹が谷団地前」停留所から徒歩1分
  • 東戸塚駅東口より約10分
    (5番のりば)203系統・206系統・東50系統
    「芹が谷団地前」下車
  • 上大岡駅より約17分
    (11番のりば)30系統・203系統
    「芹が谷団地前」下車
  • 上永谷駅より約12分
    (2番のりば)30系統・東50系統・港95系統
    「芹が谷団地前」下車